メインイメージ
 
  SOU・SOU×有松鳴海絞サイトTOP板締めの可能性帽子絞りについて平成20年度新商品

 いびつな水玉がランダムに散らばっただけのシンプルな絞り。これは帽子絞りという有松鳴海絞りの伝統的な絞り技法です。ビニールキャップをかぶせて糸でくくるので帽子≠ニ呼ばれるのだそうです。実はこんなにシンプルで単純な絞りは有松鳴海絞りの産地に行ってもほとんど見かけません。現地の人はこんなんじゃ売れないと思っているみたいです。でもSOU・SOU×有松鳴海絞では、この帽子絞りはメイン技法の一つです。最初に依頼した時には「こんなん売れんだがやー」と言われてしまいました。でもこの水玉がいいんです。流行なく着られます。いろんなものに絞れます。


ページの最初へ